気まぐれな日々 〜electric griddle365〜

40代単身赴任親父の私的発信ブログ

止まらないSNSからの炎上

大手外食チェーン店員やコンビニ店員などの不適切な動画がSNSを介して拡散し、

対応に終われる企業が後を絶たない。

ほとんどの炎上動画が不衛生なお遊びをしている動画なのも偶然ではないと思う。

登場する人間はほぼ未成年を含む若者なのも偶然ではない。

世の中には若気の至りと言う便利な言葉が存在する。

誰もが通る道なのか。幸か不幸か若気の至りが拡散されて炎上する。

炎上動画の内容は気分の悪い消費者を馬鹿にしたような内容ばかりだが、

彼らが動画にする目的は一体なぜなのか?

おそらく動画に残すという行為自体がおじさん世代に比べると軽いものなのだろう。

そうじゃなければ、ただの馬鹿になってしまう。

なーんて、大袈裟な文章で書いているとアホくさいが、新聞のコラム欄のようなクッソ人を上から見下して自分はさぞ聖人とでも言いたげな文章には吐き気がする。

とは言え、この炎上する人たちは一体何が目的なのかははっきり言っておっさんには理解不能である事は間違いない。

自分のガキンチョ時代を思い返せば、こう言う事やってる馬鹿山ほどいたけど、

一切外には出なかった。これはまさしく時代のおかげなんでしょうね。

私が高校生の頃の必須ツールはせいぜいポケットベル程度だったしね。

カメラも現像しないと見れないし、当時は不謹慎な画像は写真屋さんが現像してくれなかったし。

要はどの時代にも一定の馬鹿はいるし、それを外に持ち出そうとする馬鹿もいる。

でも、今はその持ち出しがあまりにも簡単すぎるのだと思います。

それに、この人たちのほとんどは自分達の仲間内で共有して楽しみたかっただけなんですよね。

その為に多少の無茶をやってしまった。

所が人間ってのは面白くて、普段はワイワイやってる仲間も許せる事と許せない事が必ずあるもの。

もしくは普段からこの人間の事を良く思ってない人間がいると言う事。

そして動画は外に持ち出される。

一度外に出て火がつけば最早消しようがありませんからね。

子どもたちの若気の至りは今や損害賠償問題にまで発展する時代になってしまったって事でしょう。

今回のCoCo壱の炎上動画はやはり消費者としては不快感しかない動画です。

彼等がやってしまったつまらない無茶は取り返しのつかない社会問題へと変化した。

この責任を取れるのはやってしまった本人達しかいないし、周りの大人が彼等の今後をどうやって導いてあげるかによって、未来は大きく変わると思います。

人としての常識が問われる問題ではありますが、彼等を守る必要性もまた然りと思います。

日本に関しては加害者のプライバシーは尊重され、被害者のプライバシーは無視される傾向が強すぎます。

しかし、誰もが簡単に名前を隠して攻撃できる時代となった今は、若気の至りで間違いを起こしてしまった人間へのやり過ぎた嫌がらせや、その家族への誹謗中傷と言った人としてのモラルを問われる時代でもあります。

世の中が少しでも良い方向に進んでくれる事を祈りますが、こう言うシビアな話は絶対に十人十色で人それぞれ考え方が違います。

正論や正解が出ない以上は、ネットの法整備が不可欠だと思いますし、政治家が早急に解決するべき問題の1つだと考えます。

自分は政治家ではありませんので、自由に考えを書いておりますが、政治家の先生方は一体どの様な考えを持っているのでしょうか?

選挙になっても、高齢者へのアピール以外に声高に政策を叫ぶ人が少なすぎて、この国の未来を憂います。

って、最後にまた新聞コラム的な上から文章に変わってきましたが、本気で日本が先進国から遅れない事を祈ります。賃金も物価もモラルも何もかも。